硫黄(危険貨物)

弊社ではアゾフ海・マリウポリ港で毎年およそ500000トンの電極用コールタールピッチの積み替えを行なっています。この業務では、弊社NTTのフレキシブルバルクコンテナを使用することで、危険等級を6.1.から9.1.に低下させることが可能となり、これにより衛生・環境保護当局から危険物出荷許可を得ることが容易になりました。

2009年から、南部連邦管区の港ではNTTのフレキシブルバルクコンテナを用いて硫黄の出荷が再開されました。

フレキシブルバルクコンテナを用いることにより、粉塵を抑え、貨物の漏洩をなくして環境への悪影響を排除することが可能になりました。

NTTの製品はロシア連邦内外で危険貨物の輸送に用いることを認めた証明書を取得しているので、顧客の業務の幅が大きく拡がります。