ペレット

弊社NTTは2006年から燃料ペレットメーカー各位向けのサービスを提供しています。

この2006年以降、NTTはウスチ・ルガ港、アルハンゲリスク港、ヴィボルグ港でのべ400000トン以上のペレットの積み替えを行なってきました。私どもでは、この間、屋外ヤードの可動式倉庫に関して、船舶による輸出用ロットがあらゆる気象条件のもと、港で長期間集積される貨物の保全に関する多くの問題を解決してきたと自負しております。

  • 専用フレキシブルバルクコンテナMK-14-10は燃料ペレットの輸送用梱包材として用いられるばかりでなく、バラ積みペレットの一時保管ヤードや、海洋・河川船舶への積込ターミナルを迅速に整備するためにも用いられる点で他に類を見ません。さらに、この方法は多額の設備投資を必要としない、可動式で柔軟性に富んだものでもあるのです。
  • ウスチ・ルガ港や、その他のロシアの港にバイオ燃料積み替え用の大規模な港湾ターミナルが建設されるのは遠い将来のことでしょう。そうした重要なインフラプロジェクトの実現には多くの年月と巨額の投資が必要です。ここにもフレキシブルバルクコンテナの需要があります。
  • バルク品の輸送・積み替えを考えるとき、まずは従来の方法を思い浮かべてしまい、フレキシブルバルクコンテナMKのような革新的な技術に目を向けることを怠りがちですが、このフレキシブルバルクコンテナMKシリーズは、弊社・非公開型株式会社「輸送の新技術」(NTT)が開発し、発売を開始してから既に10年以上にわたって、大量のバルク輸送・保管の分野で利用されております。