会社概要

1997年、バルク貨物のマルチモーダル輸送に使われる新しい汎用輸送容器、通函(再利用可能)フレキシブルバルクコンテナMK-14-10の最初の試作品が製造されました。この試作品は、数年間に渡り、多様な気象条件のもとで様々な重量、種類のバルク状の食品、化学品を扱うことで試験、検査を受けてまいりました。

2001年には弊社・非公開型株式会社「輸送の新技術」(NTT)が設立されました。NTTの主な事業は、バルク貨物の輸送、保管、積み替えに用いられる通函フレキシブルバルクコンテナMK-14-10(容積13m3、積載量14トン)の製造と運用です。

従業員数1000人以上。本社所在地はモスクワです。

ロシア国内及び外国での技術サービスは、15のサービス会社が行なっております。

通函フレキシブルバルクコンテナMK-14-10はウクライナ、グルジア、ルーマニア、モンテネグロ、ハンガリー、フィンランドといった国々で利用されてきました。

2013-2014年には、アメリカ、中国、ギニア、ナイジェリア、南アフリカ、カザフスタン、トルクメニスタンのパートナーと協力して、更にこの技術を普及させていこうと考えております。